目元の気になるシワを予防・対策するには

目元のシワ対策クリーム 画像どんな肌トラブルでもそうですが、出来ることなら

そのトラブルを起こさないことが最も重要です。

 

目元のシワなどのトラブル解消には、やはりある程度
時間がかかってしまうので、まずは予防に出来るだけ
力を入れて、取り組んで頂きたいと思います。

 

もちろん、対策方法もあります!
シワが出来てしまっても、諦めずにじっくりとケアを
行っていけば悪化を防いで対策に向かうことが出来るのです。

 

目元のシワを作りたくない人も、すでにあるシワを何とか
したい人も、予防法と対策法をぜひチェックしてみて下さいね。

 

 

作らないことは出来る?効果的なシワの予防法とは

 

乾燥させないこと

目元のシワ対策クリーム 画像

 

シワが出来てしまう最大の原因は乾燥です。肌の水分が
不足し、ハリや弾力がなくなると、表情の変化などによる
シワもつきやすく定着しやすくなってしまいます。

 

目元の皮膚は、顔の中で特に薄くなっているので、水分や
油分をしっかりと蓄えにくくなっており、それが年齢を
重ねることでより助長される傾向にあります。

 

そのため、通常のお手入れでケアすることも大切ですが、
出来るだけ目元の皮膚に必要な成分が最適なバランスで
配合されている専用の美容液やクリームを使用すると
より効果的です。

 

 

紫外線対策をしっかりとすること

 

皮膚のハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチンといった
肌組織成分を破壊してしまう紫外線は、出来るだけカット
することが大切です。

 

目元は皮膚が薄く、紫外線ダメージを受けやすいので
日焼け止めなどでしっかりと対策を取りましょう。

 

 

過剰な摩擦を防ぐ

目元のシワ対策クリーム 画像

 

目の皮膚を強くこすったりすると、シワが寄りやすく、
日常的に行っているとそのシワも定着してしまいます。

 

気をつけたいのは特にアイメイクやクレンジングの時です。

 

目のキワに非常に近い部分を引っ張ることが多い
アイラインをひく作業や、つけまつげをつける作業などは
特に要注意。あまり力をいれすぎないようにしましょう。

 

また、落ちにくいアイメイクを落とす際も、なかなか
落ちないからといってゴシゴシこするようにして
洗顔することは控えましょう。

 

簡単にアイメイクなども落ちるポイントリムーバーを
使用するようにして、肌の摩擦や負担を極力減らしましょう。

 

 

目の乾き、疲れを解消する

 

長時間パソコンやスマホを見たり、目に合っていないメガネや
コンタクトレンズを使用していると目が乾きやすくなり、
さらに力が入ることで非常に疲れます。

 

目の周りの皮膚はそれらによって筋肉が動いて、皮膚にも
細かなシワが寄るようになってしまうので、マッサージなどで
眼精疲労のケアなどもしっかりと行うようにしましょう。

 

 

出来てしまったら治らない?シワの対策法が知りたい

 

エステサロンや美容皮膚科でのケア

目元のシワ対策クリーム 画像

 

エステサロンなどでは、マッサージや専用の機械などを
使用することで、シワが出来にくい肌状態に整えつつ、
効果的な美容液などを使用してケアをしてくれるので、
必要な場所にしっかりとその有効成分が届きます。

 

美容皮膚科などでは、ボトックス注射などをして目元を
ふっくらとハリのある状態にしてシワを目立たなくする
ことも出来ます。

 

 

ツボマッサージを行う

 

目の周りにはたくさんのツボがあり、それらを刺激する
ことで、目元のトラブルを解消する効果があります。

 

ただし、力の入れ方など間違ったやり方をすると、逆に
シワを作る原因にもなってしまうので注意が必要です。

 

自分ではうまく出来そうにないという方は、エステサロン
などでプロの手でケアしてもらうことをおすすめします。

 

 

目元専用のケアアイテムを使用する

目元のシワ対策クリーム 画像

 

最も手軽で効果的な対策方法は、目元ケア専用のスキンケア
アイテムを使用することです。

 

美容液やクリーム、シートマスクなどがあるので、通常の
お手入れにプラスすることをおすすめします。

 

目元のシワ対策クリームや目元美容液は、ただ保湿するだけでなく、
皮脂の少ない目元の皮膚に適度な油分を補いつつ、
コラーゲンやセラミドといった肌の弾力に深く関わる
有効成分を補給してくれます。

 

さらに、シワ対策に効果的なレチノールなどの有用成分も
配合されているので、通常のフェイスクリームだけでは
ケアしきれない部分にもしっかりと働きかけてくれるのです。