目のシワはどうして出来るの?部分別の原因を探る

目元のシワ対策クリーム 画像目元の印象を老けさせてしまうシワ。そのシワがなぜ

出来てしまうのかを知ることで、予防や対策に役立てて
頂きたいと思います。

 

シワを作る主な原因3つと、シワが出来る部分別の原因
紹介したいと思います。

 

 

目元のシワが出来る3つの要因とは?

 

乾燥

目元のシワ対策クリーム 画像

 

目元の皮膚というのは、顔の他の部分の皮膚に比べても
非常に薄く、約1/4程度しかありません。

 

皮膚が薄く外部からの刺激を受けやすいうえに、皮脂も
とても少ない部分なので、より乾燥しやすいのです。

 

保湿力、保水力ともに弱いので水分を保っておくことが
むずかしいため、クリームなどでの保護が必要なのです。

 

 

加齢によるハリや弾力不足

 

シワを作る要因としては、細かいことでは本当にたくさん
あるのですが、そのそれぞれの要因にすべて関わってくるのが
加齢による肌のハリや弾力不足です。

 

年齢を重ねることで、肌内部に存在するコラーゲンやセラミド
といった成分が失われていき、分泌量も減ってしまいます。

 

そのため、弾力がなくなりシワがすぐに定着してしまうのです。

 

 

紫外線

目元のシワ対策クリーム 画像

 

紫外線というと日焼けやシミの原因として考える方が
多いと思いますが、実はあらゆる肌老化に関わってきます。

 

紫外線を浴びることで、メラニンが出来るだけでなく、
肌内部にあるコラーゲンやエラスチンといった、皮膚の弾力を
保つための重要な成分を破壊してしまいます。

 

そのためハリや弾力が失われて、シワの出来やすい肌状態に
なってしまうのです。

 

 

気をつけよう!部分別に見るシワの原因

 

目尻の小じわ

目元のシワ対策クリーム 画像

 

目元の悩みで最も多いのが、この目尻の小じわだと言われて
います。年齢が出やすい部分でもありますが、早い人では
20代前半から目尻のシワに悩まされることもあるようです。

 

大きな原因としては、上に挙げたように乾燥や弾力不足による
ものではありますが、目尻の場合、表情を動かすことで
特によく動く部分なのでよりシワが出来やすいとされています。

 

目に力が入ったり、疲れていたりすると余計に目の周辺の
皮膚にシワが寄りやすいので、眼精疲労も大きな要因と
考えられています。

 

 

まぶたのシワ

 

上下のまぶた、特に目に近い部分は最も皮膚が薄く、
ダメージを受けやすい部分です。

 

アイラインやシャドウ、つけまつげなど目のキワまで
しっかりとアイメイクを行う場合、その負担も大きくなります。

 

メイクはもちろんですが、時に気を付けたいのがクレンジング。
目の周囲を洗い流す時はごしごしとこすらず、優しく
メイクや汚れを浮かせるようにして行って下さい。

 

力を入れて洗顔をすることでシワを作ってしまうのです。

 

そのため、出来るだけアイメイクを落とす時は専用の
リムーバーなどを使って、負荷をあまりかけないように
気をつけましょう。

 

 

眉間のシワ

目元のシワ対策クリーム 画像

 

真剣に考え事をしている時や新聞や本を読んでいる時など、
眉間にシワを寄せる癖のある人がいます。

 

長年その状態でいると、そのシワが定着して取れなくなって
しまうので、その傾向にある人は意識して直すようにしましょう。

 

また、視力が悪い人も眉間にシワを寄せやすいので、
視力にあったメガネやコンタクトレンズを使用し、
「見にくい」と感じることがないように、整えましょう。